有限会社ますいいリビングカンパニー
ユウゲンガイシャ マスイイリビングカンパニー
有限会社ますいいリビングカンパニー
工務店機能を兼ね備えた設計集団。デザインや自然素材にこだわってセルフビルドにも力を入れてます
建築土木関連
PRODUCT/企業・製品・技術等の詳細
有限会社ますいいリビングカンパニー
【景色が一望できる家】
傾斜地の高台に敷地があることをいかし、リビングからの眺望を暮らしの中に取り込むことを意識して設計しました。
リビングにある大きな窓からは、景色が一望できます。この景色をじっくりと眺められるよう、景色に向けて長い階段ベンチが配置されています。リビングにはペレットストーブを配置し、美しい展望と暖かな火のぬくもりが暮らしの中心となっています。
また、八溝杉の天井羽目板や家具、唐松のフローリング。壁などの仕上げには漆喰を使用しています。まるで森林浴しているかのような木の香りに包まれた室内。心地よく健康に過ごしていただけるような素材の工夫をしています。
さらに、漆喰塗り、キッチンや洗面の前のタイルはりは、お施主さんがセルフビルドで行いました。思い出にも残り、メンテナンスにもいかせると好評です。
事業内容
工務店機能を兼ね備えた設計集団です。家は家族の生活する大切な場所。伝統や既成概念にとらわれることなく、これからの日本の建築を作っていきたい。奇をてらうデザインではなく、住まいとして調和の取れたほどよい空間を作りたいと考えています。
【住宅デザイン】建主様の趣味、志向に合った、世界に1つだけの家を建築家が設計
【自然素材の健康住宅】国産無垢材や漆喰塗り壁等の自然素材を使用した体に優しい家づくり
【セルフビルド&ローコスト】建主様によるセルフヒビルド。良い思い出作りにもなり、コストダウンにも繋がります
【原価公開】建主様が工事原価を確認しながら進められる原価公開システム
川口市地域貢献事業者。

古神札納所兼トイレ棟新築工事(氷川神社・川口市青木)

古神札納所兼トイレ棟新築工事(氷川神社・川口市青木)
神社の境内に造る建築ということで、地面から湧き出てきたような大らかな大地をイメージさせる平屋の古神札納所兼トイレ棟のボリュームに、大きくて平らな屋根をダイナミックにかける建築としました。約20mの左右に大きく広がる軒裏には杉板を貼り、傾斜を与えた外壁には土壁をイメージした左官仕上げを施しています。木製建具やカウンターなどの造作木部には国産材のオニグルミ(ウォルナット)に大工職人の手による丁寧な加工を施し、神社の境内にある付属建築としてふさわしい意匠を目指しています。

2つの中庭のある家

2つの中庭のある家
最近、3回目の雑誌掲載をしていただいた「2つの中庭のある家」。建ててから10年経った今でも、魅力を発信し続けています。この住宅は胎内空間のイメージで設計されています。緑や自然素材や光や風に常に包まれる空間デザインとすることで、安らぎを感じられる場となっています。例えば、屋外の二つの庭は、内部空間と一体化して、部屋のどこからでも緑や光や風を感じられるようになっています。床は杉板、天井はラワン合板の柿渋染、キッチンはモルタルと、素材そのものの質感を大切にして、自然の色を生かして仕上げています。
取材の日、この中庭で子猫が遊んでいました。お話を聞くと、野良猫の親猫が子猫をここに連れてきて育てているのだとか・・・。

『自然と共に暮らす家』

『自然と共に暮らす家』
埼玉県川口市にある、中庭に面してコの字型の平屋のお家。
中庭には、芝生を植え、家のどこからでも緑を感じられる空間となっています。将来は、お庭では、ヤギや鶏を育て、畑で野菜を育てる予定があるのだとか。さらに、リビングの中心に薪ストーブ。冬はスープを温めたり、火を眺めながら語り合ったりと家族が集まる中心となることでしょう。
このお家は、材料にもこだわっています。52種類の化学物質を測定し、微量であるという審査に合格しました。家の構造も国産無垢材を使用。さらに、床や建具や造作家具は、八溝杉を、窓枠などは、栗を使用しています。また、室内の壁は、漆喰で仕上げています。
この家は、まさに、自分らしく、健康に、自然と共に暮らす家となっています。
認定マーク
CSR
会社情報
332-0032
埼玉県川口市中青木3-2-5
代表取締役:増井 真也
TEL : 048-254-8021